日本間質性膀胱炎研究会

転載許諾について

日本間質性膀胱炎研究会 ガイドライン等転載要領

2018年10月1日

転載を希望する場合は、以下の要領に従い別紙の転載許可願により申請してください。
なお、当方の判断で転載許可願の修正を求めることがあります。

1.転載の条件

1) 出典が明記されていること
2) 原典の趣旨に沿っていること
3) 転載部分が他の部分と明確に区別されていること

2.出典の記載

1) 転載部分には、 ガイドライン名・書名等、出版年、コピーライトマーク及び日本間質性膀胱炎研究会名を明記すること
2) 但し、転載先の出版物等に引用文献欄がありそこに出典が明記されるならば、上記の記載は省略してもよい

3.原典の改変

改変は原則不可。ただし、改変が必要な場合は事前に事務局に内容を明示し、申請を行い、会長、事務局がこれを許可した場合に限り、改変することができる。なお、改変に当たっては以下の点を遵守すること。

1) 改変は必要最小限とすること
2) 申請願いには改変部分を明示すること
3) 転載部分に「改変」と付記すること

4.転載目的と転載料(転載許可願い)

転載目的 転載料
学術(学術誌等) 無償
準学術(商業誌等) 図表1点または引用文章100字までにつき1万円
商用(パンフレット等の紙媒体、プレゼンテーション、Web掲載1 図表1点または引用文章100字までにつき10万円

*転載部分の占める割合が関係する記事の50%以上の場合は転載料を2倍とする

1:Webへの掲載に当たっては以下の点を遵守すること

コピーおよびダウンロードできない形式で掲載すること
URLを日本間質性膀胱炎研究会事務局まで連絡すること
6ヶ月を超えての掲載は不可とする
転載許諾願の「3.使用開始予定日」の項目に掲載開始年月日および終了日を明記すること

5.その他

1)二次引用する場合は、その度に許可を得ること

6.転載許諾申請方法

 転載希望の場合は、上記転載許諾基準を確認し、日本間質性膀胱炎研究会事務局ホームページにある転載許諾願をダウンロードして必要事項を記入の上、①転載元ガイドラインコピー、②転載先原稿コピー、③転載許諾願、④返信用封筒の以上4点を同封して事務局に2部郵送すること。
 転載元ガイドラインおよび転載先原稿コピーは転載箇所および引用文献(出典)の記載内容が確認できるものを用意すること。
 転載許諾受領後、代表幹事、事務局がその判断で許諾するかどうかを決定し、許諾する場合、許諾承諾書(請求書も同封)を郵送するので受領後1か月以内に指定口座まで転載料金の振り込みを行うこと。

【郵送先】
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部泌尿器科内
日本間質性膀胱炎研究会 ガイドライン転載許諾担当
電話 03-5800-8753 FAX 03-5800-8719

【ご注意】

1) 転載許諾の審査にはお時間を頂きます。申請からご回答まで、約1ヶ月かかる場合もございますので、余裕をもってご提出下さい。
2) 当学会の転載許諾については上記の通りですが、出版権者の許諾も必要ですので各出版社に別途ご確認下さい。

以上

このページのトップへ戻る